私の七五三の時の写真。
20181115
母の実家近くの神社の境内で、
伯父(母の弟)が撮影してくれた写真。
日差しがまぶしくて、にっこり笑っていないけれど

この日は、正式な七五三のお宮参りとは別に、
母の実家への挨拶のために、
お友達のお母さまの美容室で支度していただいて、
父の運転する車で出かけたのです。


私の子供の頃のアルバムにも同じ写真があるのだけれど・・・。

50年近く経って、

ある日突然、
ファンの方から私のもとに・・・。

どうして?

 
             


それは、私のファンクラブのパーティーで、
ある会員さんから受け取った封筒に入っていた。

「知り合いの女性から、
冴子さんにお渡ししてほしいと頼まれたんですよ」と。

添えてくださったお手紙には、
私の写真が彼女のもとに渡ったいきさつが
とても丁寧に書かれていた。


彼女が子供だった頃、
彼女のお母さまがご近所付き合いの中で
「娘が声優のファンなんですよ」とお話になった・・・・

その相手が
私の伯母(母の義姉)だった・・・。

伯母は優しいひとなので、
「姪が声優なのよ!」と話し、
家にあった私の七五三の写真を差し上げた・・・


             


母の兄弟はみな仲良しで、
お盆やお正月には必ず子供たちを連れて集まって、
私も従妹たちと一緒に過ごすことがたびたびありました。

特に同い年の従妹とは、
たびたびお家に泊まりに行ったり
一緒に旅行に連れて行ってもらったり。

多分、写真を撮影してくれた叔父が、
私の写真を焼き増しして、
母の実家に置いてくれていたのでしょう。

それを伯父が持ち帰って、
従妹たちの写真と一緒にアルバムに・・・。

私がデビューしたのは、
写真を撮影してから13年位後なのだけれど、
伯母はその写真を覚えていて、

「お嬢さんが声優ファンなら、差し上げますよ」と、
彼女のお母さまにお渡ししたそうです。

伯母は優しいひとなので、
彼女に喜んで欲しかったのでしょう。

ただ・・・その写真は当時の私のブロマイドではなく、
子供の頃の七五三の写真だった訳で・・・

それから30年近く、昔声優ファンだった彼女は
その1枚の写真を個人の大切な写真だろうからと、
ずっと保管してくださっていたのです。

そして
偶然、私のファンクラブの会員さんと知り合いになり・・・
私に返してほしいと託してくださったのでした。

長い間、保管してくださって、ありがとうございました



この写真は50年近い間、
何人もの優しい人のところを旅をして
私のところに戻ってきたのです・・・。


この写真の・・・
カメラのこちら側にいたはずの父も
喜んでくれた母方の祖父母も
撮影してくれた叔父も、
お手紙を届けてくださった会員さんも
今はもう会えないけれど・・・

優しさは忘れないわ・・・



                冴子




◆ご来場者アンケートにご協力お願いします◆
ご来場者アンケートはこちら
上記がエラーになってしまう場合はこちら


ツイッターはこちら
20180826.180

【お問い合わせ】
問い合わせフォームは こちら
上記がエラーになってしまう場合は こちら 




このブログに掲載されている写真・画像・イラストを、
無断で使用することはお断りします。